« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月

2012年7月 6日 (金)

2012年11月のスケジュール

☆☆雨田デュオ コンサート     11月3日(祝) 午後2時

Photo

     チェロ: 雨田一孝

     ピアノ: 雨田万由美

     プログラム: バッハ   無伴奏チェロ組曲より                 

              ベートーベン   チェロソナタ3番

              ピアソラ   アディオス・ノニーノ

              平塚景堂   散華           他

                               3000円(懇親会つき)

       予約・問合せ: 雨田デュオの会 090-9613-8618

☆☆仙崎和男の「ファゴット」 を愉しむ     11月17日(土)午後3時

  1117   

今回はファゴットの三重奏をお届けします。

 ファゴット: 仙崎和男

          田中裕美子

          三木里絵

 プログラム: ヴァイセンボーンのトリオ

          他

                   2500円

                                                                                 

                                                                 

         

     

    

[予約・問合せ]     錦鱗館 090-5974-8372

                              FAX  075-414-2176



☆財団法人≪花の家≫発足記念 錦鱗館連続講座(全3回)

   第3回目 11月25日(日)午後2時半~5時45分    (無料)

   ◆講座

           講師: 川手鷹彦(演出家・著述家・治療教育者)

       自閉症とその周辺、アスペルガー症候群、サヴァン症候群

   ◆藝術プログラム

     物語 『おじの謝罪』  語り: 坂本桂子

     物語 『二つの影』  語り: 川手鷹彦

                  うた: 坂本桂子  大島晴香

       まず、聖十二夜第六夜に生み出された『おじの謝罪』が語られます。

       その後、第六夜の根源に沈潜し、二つの影が見出されるなら、語り手は

       二つの影に聴きとって物語りを即興します。物語りをたすける旋律が間合い

       をはかって歌われます。語られる内容は、深く受けとめるべきものになると

       思われます。

          

    〈主催・申込み・問合せ〉 財団法人≪花の家≫

      東京≪花の家≫ TEL&FAX 03-3280-1093

                  E‐mail hananoie.tokyo.@gmail.com

    〈講座・公演の案内サイト〉

      青い丘は十字路 http://aoioka.wordpress.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月のスケジュール

☆☆フルート∞ヴァイオリン∞チェロ トリオコンサート

                          10月21日(日)午後3時

1021 

    出演:山村有佳里(フルート) 

        後藤 學  (ヴァイオリン)

        ウイリアム・プランクル(チェロ)

    プログラム: Haydn(1732-1809) ロンドントリオより

             Peuerl(1570-1625?) 舞曲

             Bach(1685-1750) トリオ

             Pleyel(1757-1831) トリオ

             他、様々な二重奏など

                               3000円(中学生以下2000 円)

      予約・問合せ  山村 090-8207-1227

                  後藤 090-1228-0225

☆☆ムビラ コンサート             10月28日(日) 午後3時

1028

      アフリカ・ジンバブエの民族楽器ムビラのコンサート。

      奏者は、おなじみの実近修平。

      吉田山・錦鱗館の石床の空間に、ムビラの音が心地よく響きわたり、

     私たちは、自分の心身が自由になるのを感じることができるでしょう。

                                         1000円 

         問合せ: 実近 080-6335-6962         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月のスケジュール

☆☆財団法人≪花の家≫発足記念 錦鱗館連続講座(全3回)

   第2回 9月28日(金)・29日(土)

   《1日目 9月28日(金)午後6時~8時》

   ◆対談

    Klaus Hartmann (哲学者) × 川手鷹彦

    ―この人を見よ、憐れみと敬いの眼差し―

     ヨハネ福音書よりピラトの言葉に隠された真実を探り、ニーチェの哲学と謡曲・

    和歌・俳諧に流れる意識の変容を考察しながら、現代における自閉症と統合失調

    症の誤診問題にまで迫る。

     ハルトマン博士は、現代におけるルドルフ・シュタイナー研究を代表するひとりで

    あり、ドイツ哲学・文学の碩学です。

     ◎ゲストパネリスト/森澤勇司・能楽師幸清流小鼓方

       謡曲、世阿弥だけでなく日本の古典文藝に通暁する森澤氏にも駆けつけて

      いただくことになった。 

       現在、氏の発案で小野小町・深草少将・ニーチェ・暦の本来と誤用・自閉症と

      統合失調症との誤診などをテーマにした演劇プロジェクトが進行しているが、

      本劇発案の意図や稽古の様子からの報告も含め、今回のテーマについての

      お話をうかがいます。

  

   《2日目 9月29日(土)午後3時~5時半》

   ◆藝術プログラム

    (1)島泰子 ヴァイオリンコンサート

        元スイス・ゲーテアヌムの弦楽四重奏団第1ヴァイオリン奏者による

       ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲「無伴奏パルティータ第3番」他。

    (2)来日中のドイツの友人たちによる芝居

       昨年ドイツのギムナジウムとボッフム大学で行われた川手鷹彦の作・演出に

       よる日独二ヵ国語公演。

       その後、出演者の高校生と日本語教師ザビーネ・クナップ氏がさらに練りこ

        んだ作品を披露してくれます。不思議な銀河鉄道の車中風景。

     ※第3回は、11月25日(日)午後に開催します。

     〈主催・申込み・問合せ〉 財団法人≪花の家≫

       東京≪花の家≫ TEL&FAX 03-3280-1093

                   E‐mail hananoie.tokyo@gmail.com

     〈講座・公演の案内サイト〉

       青い丘は十字路 http://aoioka.wordpress.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »