« 2010年6月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年9月

2010年9月13日 (月)

2010年12月のスケジュール

☆☆下田逸郎ライブ ~枯葉とともに ひらひらゆらり    12月5日(日)午後5時     101108_120541  

下田逸郎のひとりかたり。

吉田山・晩秋の錦鱗館の空気のなかで、ゆらゆらゆらら――

     今年 行われたニューヨークライブの様子もDVDで披露します。

                                         3000円

☆☆蛙展    12月8日(水)~12日(日) 午前10時~午後6時    無料

     Scn_0001

           いろいろなジャンルの作家たちが「蛙」をテーマに創作、展示します。

     ワークショップ、販売、コンサートも行います。

      出品者: 西嶋泉/「香泉書の会」主幹。出品は書作品。

            関谷陽/一児の父親。出品は絵作品。

            谷内志穂/天然酵母パン「ちせ」でジャム作り。

                   出品は絵作品。

             山鹿寿信/根付けを出品。

             実近修平/アフリカ・ジンバブエの民族楽器MBIRAの奏者。     

                   出品は絵と木彫り。

            ケンタロー/ボロシリケイトガラス

             大住潤/根付

      ◎ワークショップ: 自分の名前を上手に書けるようにしませんか。

                必ず上達します。小筆か鉛筆を選べます。

                10時~16時。1人1時間 1000円。

                問合せ: iz1103kosen@a.toshima.ne.jp

      ◎MBIRAのコンサート: 期間中毎日14時~15時と、18時~19時。

                     時折、書家によるライブペイント有。

                 問合せ:080-6335-6962(実近)

      

                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月のスケジュール

☆☆雨田デュオ in 吉田山 ~The Amada Cello & Piano Duo

                                   11月3日(祝) 午後3時

    Epson001

        雨田一孝(チェリスト) 京都市立芸術大学音楽学部卒。雨田デュオ、井上まゆみトリオ、

       マイハート四重奏団、鈴木和郎トリオなどにおいて活動中。京都市立芸術大学音楽学部

       非常勤講師。

      雨田万由美(ピアニスト)  京都市立芸術大学音楽学部卒。京都文教短期大学非常勤講師。

        2004年「雨田デュオリサイタル」は、青山音楽賞を受賞。

                                         2500円(お飲み物付)

         お問合せ:雨田デュオの会  090-9613-8618

                http://www.amadaduo.com/

☆☆『うたとことば』~その抑揚とリズム     11月13日(土) 午後2時

     出演:福田直樹(ピアニスト・チェンバリスト) 桐朋学園大学、シュトゥットガルト

            立芸大、ウィーン・コンセルヴァトアールに学ぶ。各種国際ピアノコンクールにて受

            賞。NHK教育テレビ『ピアノでモーツァルトを』、NHKFM『ベスト・オブ・クラシック』『土

            曜リサイタル』等に出演。NHK大河ドラマ『花の乱』テーマ曲演奏。 『スチュワーデス

            物語』『その時少女に何が起こったか』等のピアノ演奏、演技指導を担当。世界各地

             において コンサート出演。国内各種藝術のプロデューサー・文化活動顧問としても

            活躍。編曲・作曲の仕事も多い。ウィーン・コンセルオーケストラ、新日本フィル、神

             奈川フィル、東京交響楽団、群馬シティフィル、東北大管弦楽団などとの共演をはじ

             め、年に60回程度のソロ演奏活動。Arte、ショパン、ムジカノーバ等各誌のコラム

             執筆もしている。

         川手鷹彦(演出家・著述家・治療教育者) スイス・ゲーテアヌム言語造

             ・舞台藝術学院卒業。日欧の子どもの心の保護に携わりバリ島で2001年~2007

             年に12度「魔女ランダ」を舞い、ヒンドゥ浄化儀礼の最奥を支えた。2000年に法務

             省保護局の依頼で始まった少年少女のための演劇プロジェクト「オイディプス王」

              等、各 の演劇塾は大きな社会的反響を呼んでいる。また東京大学/沖縄キリ

              スト教短期 大学非常勤講師をはじめ、早稲田・立命館等での美的・藝術的な講

              義内容が好評を博す。東京で藝術・言語テラピー研究所「青い丘」、沖縄で「青い

              丘」治療教育研究所うーじぬふぁーを主宰。著書に『隠された子どもの叡智』、翻

              訳書にDonna Williams『自閉症という体験』(いずれも誠信書院)他。 物語論

              物語集『とらおおかみ,子どもらの心が生んだ物語』が、今秋地湧社より出版予定。

           ほかに、大島晴香Nguyen Thi Hong Hao(ベトナムの子守唄)      

      

      13:30 開場

     14:00~14:45 川手鷹彦による講話 『うたとは』

               「うた」はどのようにして生まれたのか、生まれるのか。人々

               の生活の中における「うた」の役割とは・・・

     15:00~15:45 福田直樹ピアノ演奏

               何も考えず何も語らず、まず耳を傾けてみよう! 

               ピアニストよりの伝言。「演奏する曲目もあかしません。魂

               の慟哭に触れる。」

     16:00~16:45 『マタイ受難曲』より合唱。参加者みんなで・・・

     17:00~18:30 福田直樹×川手鷹彦  対談+パフォーマンス

               ユダ×キリスト、ランダ×ドゥルガ、ゴルゴタの丘×タンク山

               ・団地や学校の屋上、三本の十字架・ひとりのキリスト×多

               数の十字架と子どもたち・・・。それらの対照、せめぎ合い、

               そして融合が、バッハとベートォーフェン、そして東西のうた

               にどのように顕れるのか。

     終了時刻は前後します。その後、宴を予定しています。

     参加費  無料(宴を除く)

     申込み・問合せ先  「青い丘」 03-3280-1093

     主催  「うたとことばの会」実行委員会

     協力  藝術・言語テラピー研究所「青い丘」/錦鱗館 

     

       

   

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2011年2月 »